パタラ古代遺跡

あなたの評価:

アンタルヤ のホテル
最安値を検索
(クリックすると 別画面で開きます)
  • Crop 50 patara ruins
    リキュア時代の重要都市「パタラ古代遺跡」

リキュア時代の重要都市「パタラ古代遺跡」

13312067
Crop 200 patara ruins

リキュア時代の古代都市の中でも最も古くかつ重要な港湾都市とされていたのが、ここパタラ古代遺跡周辺で、1988年よりアンタルヤ大学の考古学チームによって発掘調査が開始され、現在もその調査は続いています。歴史的にも大変重要な場所であることはもちろん、近くのビーチは絶滅の危機にあるアカウミガメが生息し産卵を行う希少な場所の一つです。

パタラ古代遺跡はおよそ10k㎡の場所に広がる巨大な古代都市です。町への入口となる市門は遺跡中心から少し離れた北部の車道沿いに残り、アーチに刻まれた碑文からは1世紀頃に建てられたものだということが分っていますが、その古さを感じさせないほど保存状態の良いローマ様式の門は見応えがあります。

遺跡の中心部を縦断するかつての大通りはその一部分が修復されており、通りを歩くことができます。発掘当初は散乱していた柱は部分的に修復されて、現在は両脇に巨大な柱が立ち並ぶ通りを眺めることができ、その威厳ある姿はパタラ古代都市の繁栄を物語っているようです。

遺跡の西側にはリキュア時代のネクロポリス(墓)が見られ、遺跡の最南端の小高い丘には第15ローマ皇帝の代に建てられたとされる30列もの観客席を持つ円形劇場が残ります。円形劇場からはかつての古代都市パタラを一望できるため、ここを訪れる際には是非劇場の頂上部分まで登りたいところです。夏期にはツアーバスで乗り付ける観光客が多く訪れることから、のんびりと遺跡を見て回るなら午前中の早い時間帯か午後の遅い時間帯に訪れるのが良いでしょう。

残念ながら遺跡以外には周辺にこれといった見所のない場所ですが、海岸沿いには全長18kmにも及ぶパタラビーチがあり、場所柄人混みのない静かなビーチを思う存分に楽しめます。パタラ古代遺跡へのアクセスはここから約15km離れたカルカンから車で向かうか、マリーナから出ているボートツアーに参加するのがお勧めです。


Address

Antalya Fethiye Yolu, Antalya Province, Turkey

http://www.tripadvisor.com/...ish_Mediterranean_Coast.html

旅行情報 最終更新: 2013/11/24 12:10:47

料金 5トルコリラ
営業時間 夏期(4〜10月)9:00 - 19:00
補足(営業時間) 冬期(11〜3月)8:00 - 17:00
休日 無休
電話 (0242) 843 5018
E-mail patara@muze.gov.tr
info@antalyamuzesi.gov.tr
外部リンク 公式サイト:http://www.muze.gov.tr/patara-en
パタラ古代遺跡 から 37.3 km 地点の気候
東京の気候(比較用)