ボスポラス大橋

あなたの評価:

イスタンブール のホテル
最安値を検索
(クリックすると 別画面で開きます)
  • Crop 50 1269826
    ヨーロッパとアジアの架け橋「ボスポラス大橋」

ヨーロッパとアジアの架け橋「ボスポラス大橋」

7585389942 17b13bc3cc q
4584038

イスタンブールのヨーロッパ側とアジア側を結ぶ重要な交通路が、この白く輝く巨大な吊り橋「ボスポラス大橋」です。ボスポラス大橋は、黒海とマルマラ海を結ぶボスポラス海峡に架かる二つの橋の一つで、上流に架かる「ファティフ・スルタンメフメット橋」と区別するために、第一ボスポラス橋と呼ばれることもあります。

1970年に着工1973年に開通したボスポラス大橋は、全長1,510メートルにも及ぶ巨大な吊り橋で、空に向かってそびえ立つ2本の支柱間は1,074メートル、主塔の高さは100メートルを超えます。ヨーロッパとアジアを結ぶハイウェイが通るイスタンブールで最も重要な交通路の一つとなっています。

残念ながら、ボスポラス大橋は車両専用なので歩いて渡ることはできませんが、ボスポラス海峡を周遊するクルーズ船や橋のたもとの町からその全貌を眺めることができます。ヨーロッパ側の橋のたもとには、お洒落な若者の街として知られるオルタキョイがあり、アジア側には海峡からの眺める姿が美しいベイレルベイ宮殿があります。オルタキョイ船着場のすぐそばのオルタキョイ・ジャーミィはバロック様式の美しいモスクで、ボスポラス大橋を背景に眺めるその姿は圧観です。海峡を巡るクルーズで眺めるボスポラス大橋も素晴らしいですが、時間があれば是非オルタキョイにも立ち寄ってモスクと橋を背景に記念写真を一枚撮りたいところです。


ボスポラス大橋 から 7.5 km 地点の気候
東京の気候(比較用)