ルメリ・ヒサル

あなたの評価:

イスタンブール のホテル
最安値を検索
(クリックすると 別画面で開きます)
  • 73870221
    征服王メフメット2世の難攻不落の城塞「ルメリ・ヒサル」

征服王メフメット2世の難攻不落の城塞「ルメリ・ヒサル」

黒海とマルマラ海を結ぶボスポラス海峡沿いの名所の中でも、その規模と迫力ある外観で知られるのがこの「ルメリ・ヒサル」です。3つの塔を持つ巨大な要塞は、ファティフ・スルタンメフメット橋(通称:第二ボスポラス橋)橋とともに素晴らしい景観をつくり出しています。

ルメリ・ヒサルは、征服王の名で有名なオスマン帝国の第7代皇帝メフメット2世が建てた要塞です。1452年にコンスタンティノープル攻略の足場として建てられた要塞は、僅か4ヶ月という短期間に完成を成し遂げました。要塞にはボスポラス海峡の幅が最も狭くなる場所が選ばれ、その対岸には1391年にベヤズット1世が建てた「アナドル・ヒサル」がそびえ立ちます。海峡の幅が狭くなる場所を両岸の要塞で守り、当時最も重要であった交通網を支配することで物資輸送手段を断ち切るという、コンスタンティノープル陥落へと導いたメフメット2世の巧妙な戦法の一つです。ルメリ・ヒサルの3つの塔にはそれぞれメフメット2世に力を尽くした3人の宰相の名前が付けられています。

旧市街や新市街の中心からやや離れているためか、ポスポラス海峡クルーズで眺めて終わり、という観光客がほとんどですが、ここは規模・歴史的重要度ともに海から眺めるだけではもったいない場所といえます。観光客が少ない分、のんびりと要塞を見て回ることができるため、イスタンブール滞在中には是非足を運びましょう。要塞はたった4ヶ月間で完成したものとは信じられない程大きく、壁づたいにつくられた階段を上ると要塞の屋上へ出ることができ、そこからはファティフ・スルタンメフメット橋や対岸のアジア側、そして間を流れる雄大なボスポラス海峡を一望できます。アクセスには市内からタクシーで20〜30分程度、旧市街からはトラム・カバタシュ駅からバスが出ているため利用すると便利です。(25E番サリエル行き)


Address

Rumeli Hisarı Mh., Yahya Kemal Caddesi, 34398 Istanbul/Istanbul Province, Turkey

http://www.tripadvisor.com/...umeli_Fortress-Istanbul.html

旅行情報 最終更新: 2013/12/06 20:26:26

料金 5トルコリラ
営業時間 9:30 - 16:30
休日 水曜定休
電話 (0212) 263 5305
その他 入口で荷物検査有り(三脚持込不可)
ルメリ・ヒサル から 10.2 km 地点の気候
東京の気候(比較用)