ギョレメ野外博物館

あなたの評価:

ネヴシェヒル のホテル
最安値を検索
(クリックすると 別画面で開きます)
  • 2241099115 aae31985ac s
    岩窟教会のフレスコ画が素晴らしい「ギョレメ野外博物館」

岩窟教会のフレスコ画が素晴らしい「ギョレメ野外博物館」

Crop 200 13870077 cappadocia fairy chimneys in goreme open air museum
Crop 200 goreme open air museum
Crop 200 g c3 b6reme openair museum2

ギョレメ野外博物館は、奇岩群や地下都市で有名なカッパドキアでも特に人気のある観光スポットの一つで、1950年にトルコ最大規模の野外博物館としてオープン一して以来、国内で3番目に多い訪問者数を誇ります。

ギョレメ野外博物館の敷地内に立ち並ぶ奇岩群の多くは、かつて人々が住んでいた岩窟住居で、美しいフレスコ画が残るキリスト岩窟教会が数多く存在しています。巨大な岩々の間にひっそりと隠れるようにつくられた岩窟教会は、当時迫害を受けてこの場所に隠れ住んでいたとされるキリスト教徒達の生活を物語っているかのようです。

現在この博物館で一般公開されているのは、エルマリ教会、暗闇教会、トカル教会など、ビザンツ帝国時代の岩窟教会の数々ですが、その中でもトカル教会や暗闇教会は規模が大きく見応えがあります。これら岩窟教会の歴史は古く、この地域へキリスト教徒の移住が始まったとされる古代ローマ時代にまで溯ります。教会の内部にはキリスト教徒達が描いたとされるフレスコ画の数々が残っており、芸術的にも高い評価を得ている場所です。ギョレメ野外博物館の入場料に加えて別途拝観料が少しかかりますが、博物館に訪れる際には是非立ち寄りたいところです。


ギョレメ野外博物館 から 6.5 km 地点の気候
東京の気候(比較用)