ギョレメ国立公園

あなたの評価:

ネヴシェヒル のホテル
最安値を検索
(クリックすると 別画面で開きます)
  • 1314982715 041deb9ed6 s
    カッパドキア随一の複合世界遺産「ギョレメ国立公園」

カッパドキア随一の複合世界遺産「ギョレメ国立公園」

Crop 200 goreme national park
65798433

ギョレメ国立公園は、南西部をハサン山に、北東部をエルジェス山に挟まれた大自然と歴史的遺産で有名な国立公園です。1985年にユネスコ世界遺産「ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩石遺跡群」にも指定され、カッパドキア地域随一の観光名所として人気があります。ギョレメ国立公園にはキノコ岩とも妖精の煙突とも呼ばれる奇妙な形が印象的な岩窟群や、自然豊かな渓谷、古代文明を物語る遺跡の数々や地下都市など、見所が数多く集まっており、歴史的建造物などの文化遺産はもちろん、自然遺産として認められるほど豊かな大自然が魅力です。

標高1,200mに広がるこの国立公園は、ネヴシェヒルやギョレメ、ウチヒサールといったカッパドキアを代表する町から移動しやすい場所にあるため、車でのアクセスはもちろん、国立公園内の渓谷や奇岩群の合間を散策しながら見て回るのもお勧めです。また、上空からのダイナミックな景観が楽しめるカッパドキア名物の気球ツアーもお勧めで、地上からとはまた一味違うギョレメ国立公園とその周辺の景色が楽しめます。

ギョレメ国立公園に数多く見られる奇岩群や渓谷には、かつて迫害を受けたキリスト教徒達が住んでいたとされる岩穴や教会も多数存在し、保存状態の良い岩窟教会の内部にはキリスト教徒達が描いたとされる美しいフレスコ画も残っています。また、ギョレメ国立公園にはキリスト教徒達が隠れて生活をしていたとされる地下都市も残っています。ギョレメ国立公園とその周辺は、上空、地上、地下と見所が尽きない場所ですので、できれば数日間は滞在して大自然と歴史的遺跡を満喫しましょう。


ギョレメ国立公園 から 8.6 km 地点の気候
東京の気候(比較用)