フルチャ陶芸工房

あなたの評価:

ネヴシェヒル のホテル
最安値を検索
(クリックすると 別画面で開きます)
  • Crop 50 firca ceramic
    トルコ伝統手工芸のルーツを探る「フルチャ陶芸工房」

トルコ伝統手工芸のルーツを探る「フルチャ陶芸工房」

Crop 200 firca ceramic
Crop 200 firca ceramic
Crop 200 large 8ff9b05a7d7bed6828fa
Crop 200 firca ceramic

アヴァノスは「陶芸の街」と呼ばれるほど古くから陶芸が盛んな場所で、特に川底から質の良い粘土が採れるクズル川の近くでは今も盛んに陶器が作られています。赤っぽい粘土質を含む川は地元でレッドリバーと呼ばれ、クズル川の名前はトルコ語の「赤い川」に由来します。

町には数多くの陶芸工房がありますが、アヴァノスを訪れる際に是非足を運びたいのがクズル川の北側にあるフルチャ陶芸工房です。規模が大きく長い歴史を持つ家族経営の工房で、かつてこの場所一帯にあった洞窟を一家と石職人達が開拓してつくった場所でもありその広さは4,500㎡にも及びます。世代から世代へと受け継がれた技術とトルコ伝統手工芸の素晴らしさを紹介する歴史的にも重要な場所といえ、このフルチャ陶芸工房では陶芸の様子を眺めるだけでなく、ろくろ体験もできるとあって観光客に人気があります。

ここの最大の見所は、色鮮やかで繊細なデザインが施された数々の陶芸作品を展示した地下のショールームです。紀元前2千年前のヒッタイト時代から続く陶芸を受け継いだフルチャ陶芸工房は、実に創立から250年もの間、素晴らしい芸術作品の数々をつくり出しています。ショールームに展示された作品は購入も可能なので、他とは違う特別感のあるお土産を買いたいという場合にお勧めです。


フルチャ陶芸工房 から 14.2 km 地点の気候
東京の気候(比較用)