アンカラ彫刻芸術美術館

あなたの評価:

アンカラ のホテル
最安値を検索
(クリックすると 別画面で開きます)
  • Crop 50 state art and scuplture
    アンカラ彫刻芸術美術館

アンカラ彫刻芸術美術館

Crop 200 state art and scuplture
Crop 200 tky2011 10 28c 0001 resim 1178 l
Crop 200 ankara devlet resim ve heykel muzesi

 この建物が美術館と聞いていなかったら宮殿かなにかと勘違いしてしまいそうなほど荘厳な造りになっているのがこちらの美術館。

 1927年にトルコの高名な建築家によってネオクラシックというジャンルを立ち上げ建設されたのがこちらの美術館、芸術を展示するために建築するのではなくて美術館そのものも芸術の一つとして造られているため内部の構造も非常に凝った造りになっている。面積も非常に広く造られているので内部には劇場としての機能も併せ持っている。

 意外と知られていないが現在でもトルコは大理石の出荷量は世界でも毎年5位圏内には入っており、埋蔵量は世界一とも言われている、なのでトルコの芸術はまさに大地に根付いたものといっても過言ではない、彫刻のために使われる石の種類も豊富に出土するため彫刻家にとっては非常にありがたい国ともいえる、原材料、精製方法があるとなればあとは展示する場所、高名な建築家が建てた非常に荘厳な美術館となれば人が訪れないわけがない。
 具体的な彫刻品としては遺跡から出土したものなどではなく、現代に作られたものがほとんどで、展示されているものには作者と題材も掲示されているため訪れた人には非常にありがたい。場所もアンカラの有名なスポットゲンチリキ公園からも徒歩で行けるほど近く住宅街からも近い。

 絵画も数多く展示されており、ネオクラシックのジャンルに基づいたものが多く展示されている、風景画や摸倣画などトルコ人に好まれる力強さを感じられる絵画が非常に多い、また、現在ではもはや書ける人はかなり少なくなってしまったアラビア文字を使って(現在のトルコ語はラテンアルファベットと数個のトルコ文字によって書かれている)のトルコ語の絵画も展示されている、かつてはイスラム教のルールとして絵画等も制限をうけていた、そのためアラビア文字を使っての絵画が当たり前の技法だった、自由に絵画での表現ができるようになった後、この技法は急速に衰退していったが、貴重な技法の一つとして現在に取り入れられた絵画が展示されているのでぜひ見たい作品のひとつ。


Address

06230 Ankara/Ankara Province, Turkey

http://www.tripadvisor.com/...Scuplture_Museum-Ankara.html

旅行情報 最終更新: 2013/08/18 21:24:35

アンカラ彫刻芸術美術館 から 8.3 km 地点の気候
東京の気候(比較用)