アタテュルク廟

あなたの評価:

アンカラ のホテル
最安値を検索
(クリックすると 別画面で開きます)
  • Crop 50 ataturk mausoleum
    アタテュルク廟

アタテュルク廟

Crop 200 ataturk mausoleum
Crop 200 220px atat c3 bcrk  c3 bcn mozolesi
Crop 200 8148113599 d17101142d z

 トルコ共和国建国の父と呼ばれる初代大統領アタテュルクを祀った廟。

 アタテュルクというのはトルコ共和国が彼の建国への業績を称えて贈った姓名であり、「大いなるトルコ人」「最初のトルコ人」といった意味になり、彼の名前はムスタファ・ケマル。

 約200メートル近い参道を抜けると正面にはパルテノン神殿を思わせるような神殿が建っており、内部にアタテュルクの石棺が祀られている、高い天井、光が美しく差し込む飾り窓、と建築物としてもいつまでも眺めていたくなるような構造になっている。参道には勇壮なライオンの像が飾られており、それとは別に、独立の塔、自由の塔が建てられている、各塔の前には男女の像が建立されておりそれぞれがトルコ共和国のアナトリアで隆盛を誇るテュルク民族を表している。

 また、霊廟を囲む回廊は博物館になっており、彼の生い立ち、トルコ共和国を建国していくまでの歴史の流れ、彼が愛用した日用品なども展示されている、日用品として現存しているかは定かではないが実は彼は大統領在任中、日本の明治天皇を非常に敬愛しており、近代化の手本として「日本を見習いたい」という気持ちをこめて執務室に写真を飾っていたという逸話がある。

 アタテュルクは大統領でもあり、軍人の首班も兼任していた、そのため現在も陸・海・空軍から選抜された儀仗隊が配備されており、アタテュルクが遺した名言の壁の前で警備している。

 いつ訪れても多数の人が訪れており、絶えることのないバラの花がいつでもたむけられている、また、参道を下っていくときの庭にはトルコの国花チューリップで国旗をかたどっていたりといかにこの霊廟が愛されているかが伺える。


Address

Akdeniz Caddesi, 06900 Ankara/Ankara Province, Turkey

http://www.tripadvisor.com/...soleum_Anitkabir-Ankara.html

旅行情報 最終更新: 2013/07/30 20:52:12

料金 無料
営業時間 09:00-17:00
補足(営業時間) 夏季09:00-17:30
休日 年中無休
その他 入り口でボディーチェック有り
一定の大きさの手荷物を預ける要有
アタテュルク廟 から 9.9 km 地点の気候
東京の気候(比較用)