ワット・プラシー・ラタナー・マハタート(ワット・ヤイ)

あなたの評価:

ピッサヌローク県 のホテル
最安値を検索
(クリックすると 別画面で開きます)
  • Crop 50 wat phra si rattana mahathat
    タイで最も美しい仏像が祀られた「ワット・ヤイ」

タイで最も美しい仏像が祀られた「ワット・ヤイ」

Crop 200 wat phra si rattana mahathat
本家「チナラート仏」
6998379
高さ36mのクメール仏塔
Crop 200 img 0142
スコータイ様式の直立仏像

ピッサヌロークは、タイ最初の王朝かつ文化発祥の地として有名なスコータイ王朝の重要都市です。一時は王朝の首都が置かれたこともある歴史的にも重要な町で、タイ三大王の一人であるナレースワン大王の故郷としても有名です。そんなピッサヌロークで最も人気の観光名所が、ここ「ワット・ヤイ」です。正式名称は「ワット・プラシー・ラタナー・マハタート」という長い名前ですが、地元の人々にはタイ語で「大きな寺」を意味する「ワット・ヤイ」の名で親しまれており、町のランドマークにもなっています。

ワット・ヤイの見所は、ここのシンボル的存在の仏塔です。本堂の奥にそびえ立つクメール様式の仏塔は高さが36メートルもある巨大なもので、西側にあるスコータイ様式の直立仏像と合わせて訪れる観光客の目を楽しませてくれます。また、本堂には毎日大勢のタイ人がその姿を拝みに訪れるというタイで最も美しい仏像が安置されています。「チナラート仏」と呼ばれるこの黄金仏像はスコータイ王朝後期につくられたもので、スコータイ仏特有の緩やかな曲線と優美な姿が特徴的です。大理石寺院で知られるバンコクの「ワット・ベンチャマボピット」のご本尊にもチナラート仏が祀られていますが、あちらがレプリカ、こちらのご本尊がオリジナルです。日中はかなり混み合うため、午前中の早い時間帯に出掛けましょう。

寺院は市内を縦断するナーン川に架かるナレースワン橋たもとにあり、鉄道駅やバスターミナルからは歩いて約20分です。世界遺産のスコータイ遺跡群まではここから車で約1時間、バスターミナルからは遺跡に直接行くバスも出ているため、日帰りで出掛けるのもお勧めです。


Address

Phutthabucha Alley, Nai Mueang, Mueang Phitsanulok District, Phitsanulok 65000, Thailand

http://www.tripadvisor.com/...ok_Phitsanulok_Province.html

旅行情報 最終更新: 2014/05/03 18:34:30

料金 無料
営業時間 6:00 - 21:00
ワット・プラシー・ラタナー・マハタート(ワット・ヤイ) から 4.5 km 地点の気候
東京の気候(比較用)