ワット・ロンクン

あなたの評価:

チェンラーイ県 のホテル
最安値を検索
(クリックすると 別画面で開きます)
  • Crop 50 img 7098 edit edit xl
    世にも美しく恐ろしい白亜の寺院「ワット・ロンクン」

世にも美しく恐ろしい白亜の寺院「ワット・ロンクン」

Crop 200 img 7098 edit edit xl
天国と地獄が共存する白亜の寺院
9575595806 8675dd07e0 q
フラワーポット
3267801445 24d6e3afac q
地獄からの叫び

タイ広しといえども他に類を見ない異色の寺院として話題になっているスポットが、ここ「ワット・ロンクン」。その外観から「白い寺院」と呼ばれており、建物は壁も屋根も扉も全て白、敷地内にある橋や歩道、彫刻なども全て白一色で統一されています。ここの見所は白い外観だけでなく、敷地内の至る所に置かれている寺院らしからぬオブジェの数々です。一見白亜の宮殿のように美しい本堂へと続く小道には何百本もの手が地面から突き出しており、まさに地獄絵のような光景をつくり出しています。そう、ここは一般的なタイ寺院ではなく、あるタイ人アーティストによってデザインされた作品なのです。画家から建築家になった有名芸術家チャランチャイ・コシットピパット氏が手がけるもので、作品はタイ版の「サグラダファミリア」に例えられることもしばしばです。型破りで奇想天外なアイデアと、タイ伝統建築様式が見事に融合したワット・ロンクンの制作は1997年に開始され、現在もその作業は終わることなく完成までにまだ何十年もかかると見込まれています。

敷地内のあちこちにはちょっと笑えるオブジェや壁画なども見られ、メインの建物並みに美しい黄金一色の建物があるかと思えば、実はトイレであったり、木に吊るされたフラワーポットがリアルな鬼の頭だったりします。芝生から映画「プレデター」のエイリアンが半身を突き出したものまであり、真面目なのかふざけているのか分からない場所ですが、池のほとりに立つ本堂は遠目に見るとこの世のものとは思えない美しさなので記念撮影に最適です。必ずカメラ持参で出掛けましょう。

アートとはいっても寺院を訪れる僧侶の姿も多く、作品の一部である仏像に向かって祈るタイ人観光客の姿も見られます。外国人観光客による不適切な行為によって、外国人はガイドなしの境内入場を禁止する張り紙が出されたこともあるため、個人で訪問する際には事前に確認しておきたいところです。たとえ入場できたとしても、一般的な寺院を拝観する場合と同様に肌の露出が少ない服装を心がけ、境内での行動にはくれぐれも気をつけるようにしましょう。


Address

Mueang Chiang Rai District, Chiang Rai 57000, Thailand

http://www.tripadvisor.com/...Rai_Chiang_Rai_Province.html

旅行情報 最終更新: 2014/05/03 00:21:35

料金 無料
営業時間 6:30 - 17:30
補足(営業時間) 土日祝日6:30 - 18:00
休日 無休
電話 (053) 673 579
外部リンク 公式サイト:www.watrongkhun.org
その他 ガイド無しの外国人は入場ができない可能性あり
ワット・ロンクン から 8.6 km 地点の気候
東京の気候(比較用)