バーンダム・ミュージアム(黒い家)

あなたの評価:

チェンラーイ県 のホテル
最安値を検索
(クリックすると 別画面で開きます)
  • Crop 50 black house chiang rai 7
    巨匠芸術家の建てた黒い家「バーンダム・ミュージアム」

巨匠芸術家の建てた黒い家「バーンダム・ミュージアム」

Crop 200 black house chiang rai 7
頭蓋骨や皮で装飾された家
9596661108 53294b5b5a q
広間に敷かれた大蛇の皮
18935849
ランナー様式の家屋

のどかなチェンラーイの町はずれに突如として現れる異色のアートギャラリー、それがこの「バーンダム・ミュージアム」です。タイ語で「バーン(家)ダム(黒い)」と呼ばれるだけあって、敷地内の木造家屋は全て真っ黒。これらはチェンラーイ出身の著名な芸術家故タワン・ダッチャニー氏が建てたもので、敷地内にある建物や庭園、オブジェなどは全て彼の作品です。

敷地内はかなりの広さがあり、ラーンナー建築様式や高床式を取り入れた美しい木造家屋をはじめ、他の建物やオブジェを合わせた約40点もの作品が展示されています。公式サイトには敷地内のマップも掲載されているため、プリントアウトして番号順に見て回るのがお勧めです。全て黒一色という部分を除けばタイ伝統建築様式を取り入れた建物はどれも美しく、壁や扉に施された木彫りのレリーフは細かく見事な出来映えです。

屋外を見て回るだけでも十分楽しめますが、ここのハイライトは訪れる人の度肝を抜くほど奇抜な内装です。黒い家とは家がただ黒いのではないようで、まるで黒魔術を彷彿させるような内装にただ言葉を失う欧米人訪問客の姿も見られます。異様なまでに長いテーブルの上に敷かれた巨大な蛇の皮、至る所に見られる動物の角や頭蓋骨、リアルな剥製などが装飾品の一部として飾られており、まるでこの家には恐ろしい悪魔が住んでいるような感覚に陥ります。しかも、家屋、扉、テーブル、イスなど全てが大きく、イスの背もたれや脚に動物の角が使われるなど気持ち悪さはマックスです。シンプルながらも木の質感が美しい建物内部と奇妙なオブジェのコントラストが何ともいえない不気味さを際立たせています。外には白い家やよく分からないストーンサークルといった黒くない作品もありますが、手入れの行き届いた庭園散策は気分転換にピッタリです。

バーンダム・ミュージアムはチェンラーイ市内中心からは車で約15分。少し分かりにくい場所にあるため事前に地図で確認してから出掛けるのが無難です。市内南側にはこことは対照的な白い寺院の異名を持つ「ワット・ロンクン」があり、こちらもチェンラーイ出身の有名アーティストが建てたもので建物や敷地内のオブジェは全て白、真っ白な寺院に天国と地獄を再現したという黒い家に勝るとも劣らない異色の芸術作品です。残念ながら2014年5月に起きた地震によって大きなダメージを受け、現在再公開に向けて修復中です。


Address

414 Moo 13, Nang Lae, Muang Chiang Rai 57100, Thailand

http://www.tripadvisor.com/...Rai_Chiang_Rai_Province.html

旅行情報 最終更新: 2014/07/21 21:13:01

料金 無料
営業時間 9:00 - 17:00
補足(営業時間) 12:00 - 13:00休館
休日 無休
電話 (053) 705 834, 776 333, (0) 81 673 1155
E-mail info@thawan-duchanee.com
外部リンク 公式サイト:www.thawan-duchanee.com/baandum_eng/demo.html
バーンダム・ミュージアム(黒い家) から 8.6 km 地点の気候
東京の気候(比較用)