ワット・チェットヨート

あなたの評価:

チェンマイ県 のホテル
最安値を検索
(クリックすると 別画面で開きます)
  • 83316757
    7基の尖塔とティロカラート王の眠るチェディ

7基の尖塔とティロカラート王の眠るチェディ

83316757
7基の尖塔
90141925
基壇のレリーフ
Crop 200 11462125944 74a2779752 c
ティローカラート王の仏塔

ワット・チェットヨートはチェンマイ国立博物館そばにあるチェンマイを代表する寺院の一つ。インド・ブッダガヤのマハーボディ寺院をモデルに1455年にティローカラート王によって建てられた寺院で、1477年にはタイで初めて仏典編纂会が行われた場所として世界的にも有名な遺跡寺院です。ハイウェイ沿いにある寺院ですが、広い敷地内を緑豊かな木々が取り囲んでいることから境内はひっそりと静かで、まるで森林の中の寺院のような雰囲気です。

見所は広々とした境内に立つ7つの尖塔。「チェット(7つ)ヨート(尖塔)」のとおり、中央の大きな尖塔を6基の小尖塔が取り囲んだ7基の仏塔が立ち並ぶ珍しいスタイルです。残念ながら中央の大尖塔は地震によって崩壊してしまっていますが、立派な基壇にそびえ立つ尖塔は見応えがあり、緑豊かな背景とともに絶好の被写体になることでしょう。基壇は高く2階建てになっており、内部に入ることもできます。アーチ型の入口を抜けると奥には穏やかな顔立ちの黄金仏が鎮座しています。仏像の両側には扉があり、ここから尖塔の立つ屋上へ上ることができますが、残念ながら一般開放はされていません。基壇の側面には天井の神々をモチーフとした70余りの見事なレリーフが残ります。インド仏教美術の影響を強く受けており、チェンマイ中心部に見られるタイ寺院とはまた違った良さがあります。また、境内には3基の仏塔が立ち、一番大きな仏塔にはティローカラート王の遺骨が納められています。

市内中心部からやや離れているため観光客の姿は少なく静かです。ソンテウやタクシーの利用が便利ですが、自転車・レンタルバイクで出掛けるのもお勧めです。東側にあるチェンマイ国立博物館までは寺院から徒歩5分程です。


Address

Wat Chet Yot, Chang Phueak, Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai 50300, Thailand

http://www.tripadvisor.com/...ha_Photharam-Chiang_Mai.html

旅行情報 最終更新: 2015/11/22 15:12:00

料金 無料
補足(料金) お布施推奨
営業時間 8:00 - 17:00
休日 無休
アクセス チェンマイ国立博物館からスーパーハイウェイ(国道11号線)を西へ約500m右手奥、旧市街から車・バイク・ソンテウで約15分
ワット・チェットヨート から 3.1 km 地点の気候
東京の気候(比較用)