ボーサーン傘工房

あなたの評価:

チェンマイ県 のホテル
最安値を検索
(クリックすると 別画面で開きます)
  • Crop 50 31208392
    伝統傘づくりの町ボーサーン

伝統傘づくりの町ボーサーン

Crop 200 31208392
竹の骨組み
Crop 200 umbrella village chiang mai
カラフルな傘

チェンマイ市内中心から近い北タイ伝統工芸スポットといえば、ここボーサーン傘工房。小さな町ボーサーンではチェンマイ特産品の一つとして有名な竹とタイの和紙を使った伝統的な傘づくりが行われています。市内中心のワローロット市場そばから直行するソンテウもあり、レンタルバイクでも気軽に行ける半日観光スポットです。

かつては町のいたるところで傘づくりが行われていましたが、現在では観光客向けのショールーム兼工房と規模の大きな工房が数カ所残るだけとなりました。大通り沿いには軒先に色鮮やかな傘を並べた傘専門店や土産物屋が多く、ぶらぶら歩いて見て回るのもお勧めですが、まず訪れたいのは国道1006号線と町を縦断する1014号線の交差点そばにある「アンブレラ・メイキングセンター」。町の入口付近にあるため分かりやすく、規模が大きいため様々な種類の傘や手工芸品が揃い、奥の工房では竹の骨組みから作る傘づくり過程を見学できます。実用的な日傘から土産物のミニチュア傘、飾り用やパレードなどで使われる直径2m程のものまで様々です。竹と和紙で出来た傘に絵付けする伝統的な傘の他、プリント布をつかった丈夫なものまで多種多様です。お土産用に傘やボーサーン特産品を購入するなら、ここからさらに500m程奥へ入った右手の「ボーサーン・ハンディクラフトセンター」へ向かいましょう。建物内には色鮮やかな傘やランターン(提灯)が所狭しと飾られ、様々な工芸品とともに販売されています。ナイトバザールなどで見かける土産物も多く値段も手頃なのでお土産をここで購入するのもお勧めです。

また、傘づくりに欠かせないサー・ペーパーと呼ばれるタイの手漉き紙をつくる様子を見学できる工房もあり、ハンディクラフトセンターからはさらに奥へ100m程を左折、「Saa Paper Factory」の看板を目印に路地へ入って徒歩数分です。毎年1月の第三週末にはボーサーン傘祭りが開催されており、3日間に渡る祭り期間中には通り一帯にカラフルな傘やランターンで飾られ、パレードも行われます。ミス・ボーサーン・コンテストでは伝統衣装に身を包んだ美しい女性達が勢揃いします。


Address

1014, Tambon Ton Pao, Amphoe San Kamphaeng, Chang Wat Chiang Mai 50130, Thailand

http://www.tripadvisor.com/..._Bor_Sang-San_Kamphaeng.html

旅行情報 最終更新: 2015/11/22 00:57:51

アクセス 市内中心から車で約30分、ワローロット市場南側のショッピングセンター裏手からソンテウ(国道1006号線約6km地点、1004号線との交差点を左折)
ボーサーン傘工房 から 10.7 km 地点の気候
東京の気候(比較用)