チェンマイ市芸術文化センター

あなたの評価:

チェンマイ県 のホテル
最安値を検索
(クリックすると 別画面で開きます)
  • Crop 50 img 8806
    チェンマイ市芸術文化センター

チェンマイ市芸術文化センター

Crop 200 img 8806
コロニアル調の建物
Crop 200 chiangmai 1
三王像
Crop 200 dsc01439
ラーンナー郷土博物館

チェンマイの歴史と文化に触れるなら先ず訪れたいのが、このチェンマイ市芸術文化センター。旧市街のほぼ中央に位置し、ターペー門、チャーンプアク門からアクセスしやすく、建物前の広場には旧市街を象徴するタイ三王像がそびえ立ちます。向かって左にパヤオのガムムアン王、右にスコータイのラームカムヘーン王、そして中央にはラーンナー王朝の創始者マンラーイ王、チェンマイ建造に大きく関わった王達の凛々しい姿を見ることができます。

建物は1927年に旧王室ホールの跡地に建てられたものです。かつてはチェンマイ庁舎として利用されており、一時期県庁として使われていたこともありました。その後、1997年に修復され1999年に市営芸術文化センターとしてオープンしました。

チェンマイ市芸術文化センターでは、チェンマイのルーツをパネルやビデオで紹介し、町がつくられて行く様子をジオラマで展示しています。また、ピン川の西側と東側で異なる人々の暮らしを紹介したジオラマや、古都チェンマイでの人々の生活の様子を再現したジオラマも多数展示されており見応えがあります。また、建物のすぐ裏手にはチェンマイ歴史博物館、そして三王像からプラポッククラオ通りを渡った向かいにはラーンナー郷土博物館もあります。ランナー郷土博物館ではラーンナー文化に焦点を当てたジオラマ展示を中心に、ラーンナー独特の彫刻や仏教美術品などを展示しています。各建物への入場料は100バーツ、3つの建物を見学できる共通チケットもあり料金は180バーツと格安ですが、チェンマイ歴史博物館はあまり見所がなく、時間がなければ芸術文化センターと向かいの郷土博物館でチェンマイのルーツをざっと見て回るのが効率的です。

大通りに面した三王像広場ではナイトマーケットやライブ演奏などのイベントが頻繁に行われており、常時人通りが絶えません。近年にはタイ日友好イベントとしてラーンナー・イープン(日本)祭りが開催されており、日本の屋台が多数出て盆踊りも行われています。


Address

Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai 50200, Thailand

http://www.tripadvisor.com/...tural_Centre-Chiang_Mai.html

旅行情報 最終更新: 2015/10/15 12:09:13

料金 100バーツ
補足(料金) チェンマイ歴史博物館とランナー民族資料館はそれぞれ100バーツ、3館共通チケット180バーツ
営業時間 8:30 - 17:00
休日 月曜定休
電話 (053) 217 793, 219 833
アクセス チャーンプアク門から南へ600m右手、三大王像の奥
ターペー門から西へ550m、プラポッククラオ通りを右折して200m左手
外部リンク 公式サイト:www.cmocity.com/indexEng.html
チェンマイ市芸術文化センター から 0.9 km 地点の気候
東京の気候(比較用)