ムアン・タム遺跡

あなたの評価:

ブリーラム県 のホテル
最安値を検索
(クリックすると 別画面で開きます)
  • Crop 50 tambird
    10~11世紀のヒンドゥー寺院遺跡

10~11世紀のヒンドゥー寺院遺跡

Crop 200 tambird
遺跡の全景
78627887
蓮の池と神殿
Crop 200 prasat muang tam
掘淵の5頭ナーガ

ムアン・タム遺跡はパノム・ルン遺跡から7kmほど離れた田園地帯に立つクメール遺跡。かつてシヴァ神やヴィシュヌ神が祀られていた10~11世紀のヒンドゥー寺院です。寺院遺跡周辺には緑豊かな芝生が敷かれ、公園のような雰囲気が印象的です。

ムアン・タム遺跡の正面はほとんどのタイのクメール遺跡がそうであるようにアンコールワットの方角を向いています。神殿中央には主祠堂跡、その周りを4基の祠堂を取り囲んでいます。建物の至る所にはヒンドゥーの神々や架空生物の美しいレリーフが見られますが、中央の祠堂を除くほとんどが修復されたものです。特徴的なのは神殿の周りをL字型の4つの蓮の池が取り囲んでいることでしょう。池の淵をラテライトでつくられたナーガが取り巻き、5頭ナーガの装飾を施した見事な彫刻が見られます。池に浮かぶ無数の蓮が背景の神殿とともに美しい景観をつくり出しており、季節になるとこれらの蓮が美しい花を咲かせます。

遺跡北側には縦510m、横1,090mもの巨大な貯水池がありますが、これもムアン・タム遺跡と同時期に建設された遺跡の一つです。このような貯水池はナコーンラーチャシーマー県のピマーイ遺跡にも見られ、遺跡建設時にため池としてつくられたものと考えられています。また、遺跡駐車場そば(遺跡北東)には小さな案内所兼資料館があり、遺跡発掘当時の写真や資料が展示されています。駐車場付近には土産物屋や売店が並び、地元特産品や工芸品も購入できます。ムアン・タム遺跡への入場はパノム・ルン遺跡同様に100バーツですが、150バーツで両方見て回れるお得なチケットもあるため是非利用しましょう。


Address

Tambon Chorakhe Mak, Amphoe Prakhon Chai, Chang Wat Buri Ram 31140, Thailand

http://www.tripadvisor.com/...n_Chai_Buriram_Province.html

旅行情報 最終更新: 2015/08/26 14:35:35

料金 100バーツ
補足(料金) パノム・ルン遺跡入場料(100バーツ)を含むチケットは150バーツ
営業時間 6:00 - 18:00
アクセス パノム・ルン遺跡から車で10分(市内からはスリン行きのバスで最寄り町バーン・タコー下車、バイクタクシーで30〜40分、往復400バーツ前後)
その他 最寄りのバーン・タコからバイクタクシーをチャーターし、パノム・ルン遺跡と合わせて見て回るのが効率的
ムアン・タム遺跡 から 69.0 km 地点の気候
東京の気候(比較用)