クライカンウォン宮殿

あなたの評価:

プラチュワップキーリーカン県 のホテル
最安値を検索
(クリックすると 別画面で開きます)
  • Crop 50 00471d
    ラーマ7世の離宮

ラーマ7世の離宮

Crop 200 00471d
海に面した宮殿
Crop 200 klai kang won palace
入口ゲート
Crop 200 klai kangwon palace
手入れの行き届いた庭園

隣県ペッチャブリーのマルカッタイヤワン宮殿やプラ・ラーム・ラチャニウェートと合わせてこの辺りの三大離宮と称されるのが、このクライカンウォン宮殿。フアヒン中心部から徒歩圏内にあるラーマ7世ゆかりの宮殿で、現在もラーマ9世とシリキット王妃がしばしば静養に訪れるという現役宮殿です。

1926年にラーマ7世の夏の離宮としてフアヒンの海辺に建てられたクライカンウォン宮殿はスペイン風の建築様式が印象的で、敷地内に立つ3棟の大邸宅は全て海に面しています。宮殿はラーマ7世がラムパイパンニー王妃のために建てたもので、1929年に完成して以来、夏の避暑地として夫妻によって使われていました。宮殿はかつてタイ語で「憂いのない庭園」を意味するスアン・クライカンウォンと呼ばれていたそうで、ラーマ7世の王妃に対する愛情が感じられます。

宮殿完成後も幾度となく増築が繰り返され、近年ではラーマ9世によってシリントーン王女のために邸宅も建てられました。国王をはじめとした王室が利用する格式高い場所ですが、王室滞在中を除いて普段は一般公開されています。現役宮殿だけあって敷地内は隅から隅まで手入れが行き届き、様々な植物と色とりどりの花々が美しい庭園は目の保養になります。王室の滞在によって長期的に閉まっていることもあるため、事前に電話等で確認しておくことをお勧めします。


Address

4 Hua Hin District, Prachuap Khiri Khan 77110, Thailand

http://www.tripadvisor.com/...uap_Khiri_Khan_Province.html

旅行情報 最終更新: 2015/08/04 13:30:00

料金 20バーツ
営業時間 9:00 - 16:00
補足(営業時間) 入場は15:30まで
休日 王室滞在時
電話 (032) 511 115
アクセス ペットカセム通りフアヒン・ソイ35と37の間(中心部から緑色のソンテウで片道10〜20バーツ)
クライカンウォン宮殿 から 16.6 km 地点の気候
東京の気候(比較用)