マルカッタイヤワン宮殿

あなたの評価:

ペッチャブリー県 のホテル
最安値を検索
(クリックすると 別画面で開きます)
  • 4505057049 8961cb4124 s
    ラマ6世の離宮「マルカッタイヤワン宮殿」

ラマ6世の離宮「マルカッタイヤワン宮殿」

4505057049 8961cb4124 q
総チーク材の宮殿
10995695316 bf0ec2746e q
高床式で風通し抜群
7255489682 c690384451 q
各建物をつなぐ回廊

タイ王室の避暑地として有名なホアヒンと隣県ペッチャブリーのチャアムには、歴代の王が建てた夏の離宮がいくつか存在します。チャアムの海辺に佇む、ここ「マルカッタイヤワン宮殿」もその一つで、この辺りを訪れるタイ人に人気の観光名所です。

海岸沿いの静かなビーチに建てられた離宮は、歴代王で初めて海外留学を経験したラマ6世が1923年に夏を過ごすために建てたものです。イタリア人建築家によってデザインされた建物は、風通しの良いタイ高床様式とヨーロッパの建築様式を取り入れたもので、全体的に爽やかな淡いブルーを基調とした涼しげな外観が印象的です。建物の床や渡り廊下には上質のチーク材が使用され、建築から90年以上経った現在も丁寧に磨き込まれています。

広く開放的な庭は手入れがよく行き届き、芝生と生い茂る木々からの木漏れ日がかつての宮殿の美しさをさらに引き立てています。建物内で働くスタッフは皆物腰が丁寧で、訪れる観光客を一定人数ずつ案内してくれるため建物内を落ち着いて見て回れるのも好感です。入場料は30バーツ、建物の2階部分へはさらに30バーツ必要ですが、これほど美しく歴史的にも重要な観光名所にしてはかなり手頃な入場料といえるでしょう。訪問の際に気をつけたいのが服装で、ノースリーブや短パン、極端に短いスカートでは入場できません。入口で伝統的な腰巻きを貸してくれますが、くれぐれも王族ゆかりの由緒ある場所ということを忘れず、ふさわしい服装で出掛けるようにしましょう。もちろん、建物内は土足厳禁です。

チャアム中心部からは車で15分程、ホアヒンからも約20分の距離に位置します。トゥクトゥクや乗り合いバスのチャーターはかなり高めの料金を請求されることが多いため、人数が集まれば車をレンタルする方が安いくらいです。市内からは近くまで行くローカルバスや乗り合いバスも出ていますが、大通りからかなり歩くためあまりお勧めできません。


Address

Cha-am District, Phetchaburi 76120, Thailand

http://www.tripadvisor.com/...am_Phetchaburi_Province.html
http://www.tripadvisor.com/...am_Phetchaburi_Province.html

旅行情報 最終更新: 2014/04/29 12:47:51

料金 30バーツ
補足(料金) 建物2階は別途30バーツ
営業時間 8:00 - 16:00(月〜金)
補足(営業時間) 8:30 - 16:00(土日)
休日 水曜定休
電話 (032) 508 444, 445
マルカッタイヤワン宮殿 から 22.9 km 地点の気候
東京の気候(比較用)