ワット・ワン・ウィウェーカーラーム

あなたの評価:

カンチャナブリー県 のホテル
最安値を検索
(クリックすると 別画面で開きます)
  • 102144105
    タイ・ビルマ・インド様式寺院と黄金仏塔

タイ・ビルマ・インド様式寺院と黄金仏塔

102144105
ビルマ様式の建物
Crop 200 wat wang wiwekaram sangkhlaburi1
巨大な狛犬
Crop 200 wat wang wiwekaram
仏塔の凝った装飾

ワット・ワン・ウィーウェーカーラームは、モーン・ブリッジを渡った対岸の町外れにあるサンクラブリーを代表する寺院。タイではあまり見られないインド様式を取り入れたモン族の寺院で、タイ人なら誰でも知っている名僧ウッタマ師によって建てられました。ウッタマ師はモン族出身で、モン族をはじめタイ人、カレン族、ビルマ人からの人望が厚く、敬拝されている人物です。建物にはタイ・ビルマ・インドを合わせた珍しい建築様式が見られ、本堂と仏塔は約50mの長い回廊で結ばれています。見所は本堂に安置された大理石の仏像や内部の壁一面に施されたヒンドゥー彫刻など。一角には高僧の遺体を安置した棺桶もあります。

寺院から少し歩いた湖岸には、同じくウッタマ師が建てたチェディ・ブッダガヤという名の美しい黄金仏塔がそびえ立ちます。インド様式を取り入れた細長いピラミッド型の仏塔と、入口の両脇で拝観者を出向かえるかのように鎮座する巨大な白い獅子が目を引きます。是非見ておきたいのが仏塔の外壁全体に施された幾何学的な装飾と仏像で、細かい装飾の美しさもさることながら外壁の窪みに無数の小仏像が安置される様子は壮観です。仏塔2階は展望テラスとなっており、テラスからはカオ・レーム湖と対岸サンクラブリーの町を一望できます。

モーン・ブリッジから寺院までは少し離れており、橋のたもとでたむろしているバイクタクシーで片道40バーツ程度。町の中心から向かうならゲストハウスなどで貸出しているバイクや自転車の利用が便利です。時間があれば、モン族の集落と美しい湖景色を眺めながら徒歩で向かうのもお勧めですが、距離があるため最低でも2時間は見ておく必要があります。


Address

Rural Road Kanchanaburi 3024, Tambon Nong Lu, Amphoe Sangkhla Buri, Chang Wat Kanchanaburi 71240, Thailand

http://www.tripadvisor.com/...i_Kanchanaburi_Province.html

旅行情報 最終更新: 2015/07/15 02:00:51

料金 無料
アクセス モーン・ブリッジから徒歩20分、寺院からチェディ・ブッダガヤまでは寺院前の通りを湖畔へ徒歩7分
ワット・ワン・ウィウェーカーラーム から 117.5 km 地点の気候
東京の気候(比較用)