ワット・バンタム(ドラゴン寺院)

あなたの評価:

カンチャナブリー県 のホテル
最安値を検索
(クリックすると 別画面で開きます)
  • Crop 50 wat ban tham
    龍の口から入る洞窟寺院

龍の口から入る洞窟寺院

Crop 200 wat ban tham
龍の口へと続く参道階段
Crop 200 wat ban tham
洞窟の黄金仏像
Crop 200 wat ban tham
頂上からの眺め

町一番の絶景スポットで知られるワット・タムスアの近くにある穴場の景観スポットが、このワット・バンタム。団体ツアー客の多くがワット・タムスアを訪れるためか、観光客の姿は少なく地元タイ人に親しまれる静かな寺院です。通称ドラゴン寺院と呼ばれている場所ですが、その理由は一目瞭然。参道階段の一番上では大きな口を開けて極彩色の龍が待ち構えており、赤く塗られた参道階段の下から見上げるとまるで龍が火を吐いているようです。階段を上り切って見上げる龍は迫力満点、今にも噛み付いて来そうな形相です。龍の口までの階段は100段ほどあり、口から内部へ入るとさらに上階へ通路階段が続きます。

通路階段になった龍の体内を抜けると中腹の洞窟へと出ます。洞窟内部には千手観音や黄金仏像など何体もの仏像が安置されており、薄暗い洞窟内で穏やかな表情を浮かべる仏像は神々しく、神秘的な雰囲気を醸し出しています。仏像のお参りは土足厳禁、タイ人に習って靴を脱ぎ一段高くなったフロアで手を合わせましょう。洞窟を出ると周辺からはメークロン川を眼下にのどかな田園風景が一望できます。洞窟はここまでですが、階段はさらに上へと続き、急勾配な階段を上り切ると頂上に立つお堂に辿り着きます。簡素なお堂内には高僧の像が祀られており、奥のテラスから眺めるパノラマ景色が壮観です。

ワット・バンタムはとにかく階段が多く、洞窟内の階段は急なので滑りにくく歩きやすい靴で出掛けることをお勧めします。洞窟から頂上のお堂までの階段はかなり急勾配なので高所恐怖症には不向きです。近くのワット・タムスアからは川沿いを北西へ約4km、早朝や比較的涼しい午前中の拝観がベターです。


Address

Khao Noi, Tha Muang, Kanchanaburi 71110, Thailand

http://www.tripadvisor.com/...g_Kanchanaburi_Province.html

旅行情報 最終更新: 2015/07/09 15:11:03

料金 無料
補足(料金) 20バーツ程度のお布施推奨
アクセス 市内中心からソンテウで約20分、メークロン川対岸(ワット・タムスアからは川沿いを北西へ約4km左手)
その他 歩きやすい靴・服装で出掛けること
ワット・バンタム(ドラゴン寺院) から 7.1 km 地点の気候
東京の気候(比較用)