アートギャラリー&戦争博物館

あなたの評価:

カンチャナブリー県 のホテル
最安値を検索
(クリックすると 別画面で開きます)
  • Crop 50 world 20war 20ii 20museum
    クウェー川鉄橋脇の戦争博物館

クウェー川鉄橋脇の戦争博物館

Crop 200 world 20war 20ii 20museum
入口付近の機関車
Crop 200 img 9610
牢獄車両
Crop 200 500 27812586
屋上からの眺め

カンチャナブリーのランドマーク「クウェー川鉄橋」のすぐそばにある一風変わった博物館が、このアートギャラリー&戦争博物館。鉄橋のそばの土産物マーケットの向かいにひっそりと構えるこじんまりとした博物館です。入口付近は広いアーケード風になっており、かつて使われていた古い機関車が展示されているため目印にしましょう。入口に第二次世界大戦&JEATH戦争博物館という紛らわしい記載がありますが、市内中心部にあるJEATH戦争博物館とは別物です。

博物館は第二次世界大戦博物館の名でも知られており、館内には当時の様子を描いた絵や写真、実際に使われていた武器などを多数展示しています。見所は旧日本軍が所有していたとされる当時の車やバイク、武器、軍服、ヘルメット、クウェー川橋建設の際に使用された多数の作業工具でしょう。ただ、戦争にまつわる資料は限られているため歴史を学ぶならJEATH戦争博物館や泰緬鉄道博物館へ行くことをお勧めします。必見はオリジナルのクウェー川橋。鉄橋が架けられる前に建設された木造橋の残骸が残っています。橋は1943年2月に日本軍が捕虜達につくらせたもので、着工からわずか3ヶ月間で完成させたというエピソードがあります。

博物館を建てたのは宝石事業で成功を収めた中国系タイ人富豪のチャンスィリー家。中国風の博物館建物は一家自らが建てたもので、1993年の完成以来博物館は一家によって管理運営されています。館内には他に歴代のミスタイランドのマネキンを並べた珍展示コーナーもありますが、入場料も手頃なのでクウェー川鉄橋訪問の際には是非足を運びましょう。建物の屋上はちょっとした展望スポットになっており、ここからクウェー川鉄橋全体が見渡せます。


Address

Ban Tai, Mueang Kanchanaburi District, Kanchanaburi 71000, Thailand

http://www.tripadvisor.com/...i_Kanchanaburi_Province.html

旅行情報 最終更新: 2015/07/01 21:50:23

料金 40バーツ
営業時間 7:00 - 18:30
電話 (034) 512 596
アクセス クウェー川鉄橋とクウェー川鉄橋駅の間の通りを下流へ100m右手
ウィキペディア(日本) http://ja.wikipedia.org/wiki/泰緬鉄道
アートギャラリー&戦争博物館 から 3.6 km 地点の気候
東京の気候(比較用)