ワット・マハーブット(メー・ナーク寺院)

あなたの評価:

バンコク のホテル
最安値を検索
(クリックすると 別画面で開きます)
  • Crop 50 mae nak shrine at wat
    実在したタイ怪談ナーン・ナークの舞台

実在したタイ怪談ナーン・ナークの舞台

Crop 200 mae nak shrine at wat
メー・ナーク像
Crop 200 mae nak shrine
願掛けに来た人々
Crop 200 img051
宝くじ当選番号の出る神木

タイ人なら誰でも知っている有名な怪談「ナーン・ナーク」の主人公メー・ナークが祀られている寺院。1800年頃に実在した妊婦が悪霊になってしまうタイ版牡丹灯籠のような話で、彼女の名前にちなんでメー・ナーク寺院とも呼ばれます。外国人にはほとんど知られていないマイナーなスポットですが、地元タイ人には大人気の寺院で、宝くじの当選番号が分かるという神木もあるというパワースポットの一つです。

その昔、夫が兵役で留守にしている間、身重の妻ナークはお腹の子と共に亡くなってしまいます。タイでは妊婦が亡くなると悪霊になってしまう言い伝えがあり、家族や親戚達はナークが悪霊となることを恐れて寺院に手厚く葬りました。しかし、その時には既に遅くナークは霊となっており兵役から戻った夫との団らんを過ごし始めます。村人は夫にナークが亡くなったことを告げますが彼は信じず、二人の生活は続きます。その内に妻の様子がおかしいと感づいた夫は強い霊力をもつ僧侶に助けを求め、ナークの霊は除霊されることとなるのです。ナークが葬られた寺院がこのワット・マハーブット、ナークはメー・ナーク(ナーク母さん)と呼ばれ敬われています。

霊となって凶暴化していったナークは近づく者を次々と呪い殺したとされており、寺院には女性は行かない方が良いといいます。しかし、実際には参拝客のほとんどが女性で、幽霊となって戻って来るほど夫を一途に愛したナークを敬愛し、恋愛成就や子宝の願掛けに参拝に来る女性が後を絶ちません。また、メー・ナーク祠の横には一本の大樹が植えられており、宝くじ当選番号の願掛けスポットとして知られています。神木の幹を擦ると当選番号が浮き出て来るとか来ないとか、興味があれば試してみるのも良いでしょう。最寄りのBTSスカイトレイン駅から歩けない距離ではありませんが、交通量の多い通りを歩くため駅からタクシーやバイクタクシーの利用が便利です。


Address

Wat Mahabut, 747/1 Sukhumvit 77 Khwaeng Suan Luang, Khet Suan Luang, Bangkok 10250, Thailand

旅行情報 最終更新: 2015/06/04 02:27:36

料金 無料
営業時間 7:30 - 17:30
休日 無休
アクセス BTSオンヌット駅1番出口から徒歩20分、通りを西へ350mオンヌット通りを右折、約1km進みオンヌット・ソイ7を左折した突き当たり
ウィキペディア(日本) http://ja.wikipedia.org/wiki/プラカノーンのメー・ナーク
ワット・マハーブット(メー・ナーク寺院) から 4.8 km 地点の気候
東京の気候(比較用)