ワット・アルン(暁の寺)

あなたの評価:

バンコク のホテル
最安値を検索
(クリックすると 別画面で開きます)
  • Crop 50 img 0325
    夕焼けに染まる絶景「ワット・アルン」

夕焼けに染まる絶景「ワット・アルン」

Crop 200 img 0325
須弥山を表す5基の仏塔
9601683592 c0d9a06a45 q
対岸から見る夕刻の絶景
487745
中段テラスへの階段
48306637
外壁に施された装飾

タイ10バーツ硬貨にも使われているタイで最も有名な寺院の一つが、チャオプラヤー川沿いのトンブリー側に立つ「ワット・アルン」。タイ古式マッサージスクールで有名な王室寺院ワット・ポーの対岸にあり、ティアン船着場から渡し船に乗ってすぐです。空に向かって高くそびえ立つ中央の大仏塔とその周りを取り囲む4基の仏塔が、景観の良いこの辺りでも一際美しい絶景をつくり出しています。

ワット・アルンは、ラーマ2世の時代に建設が始まり、ラーマ3世の時代に現在のかたちとなりました。かつてはワット・マコークと呼ばれる小さな寺院でしたが、ビルマ軍の侵攻で荒廃したアユタヤから川を下ってきたタークシン将軍(後のトンブリー王朝初代王)一行が、一行が夜明けに辿り着いたことから「暁の寺」と呼ばれるようになったという言い伝えもあり、三島由紀夫の小説「暁の寺」の舞台にもなっています。

寺院には高さ75メートルもの大仏塔を中心に4基の仏塔が四方を取り囲むように建てられており、遠目には見難いですが近くで見ると色鮮やかで複雑なタイル装飾が施されているのが分かります。大仏塔には石階段で登ることができ、頂上からはチャオプラヤー川とバンコク市街を見渡す絶景が楽しめます。高い場所が苦手でなければ、訪れる際には是非トライしたいところです。ただし、石階段はかなり急傾斜で滑りやすいため歩きやすいスニーカー等で出掛けるのはもちろんスカートは避けた方が無難です。

ワット・アルンを拝観するなら日中がお勧めですが、昼間はかなり暑くなるため比較的涼しい午前中の早い時間帯に出掛けると良いでしょう。ここのハイライトは何といっても夕焼けに染まる寺院と周辺の絶景。リバークルーズで景色を楽しむのも良し、対岸の川沿いに軒を連ねるリバーサイドレストランで、夕焼けに染まるワット・アルンと目前を悠然と流れるチャオプラウやー川を眺めながら冷たいビールを飲むのもお勧めです。

バンコク市内中心からはタクシーで王宮やワット・ポー近くまで向かい、ティアン船着場から渡し船に乗るのが便利です。また、チャオプラヤー川を奔るチャオプラヤー・エキスプレスなら渋滞知らずでちょっとしたリバークルーズも楽しるためお勧めです。BTSサパーンタクシン駅下の中央船着場からボートに乗り込むのが最も簡単ですが、行き先や特急・急行などで旗の色が異なるため、乗り込む際にティアン船着場に停まるかどうかよく確認するようにしましょう。(ティアン船着場はタイ語で「ター・ティアン」)


Address

34 Arunamarin Road, Wat Arun, Bangkok Yai, Bangkok, 10600, Thailand

http://www.tripadvisor.com/...f_Dawn_Wat_Arun-Bangkok.html

旅行情報 最終更新: 2014/06/23 14:37:35

料金 50バーツ
補足(料金) ティアン船着場(ター・ティアン)からの渡し船3バーツ
営業時間 7:30 - 17:30
休日 無休
外部リンク www.watarun.net
ワット・アルン(暁の寺) から 8.5 km 地点の気候
東京の気候(比較用)