スアン・パッカード宮殿博物館

あなたの評価:

バンコク のホテル
最安値を検索
(クリックすると 別画面で開きます)
  • Crop 50 suanpakkadpalacebangkokhouse4thaizer
    スアン・パッカード宮殿博物館

スアン・パッカード宮殿博物館

Crop 200 suanpakkadpalacebangkokhouse4thaizer
庭園に面した家屋
Crop 200 74692823.agahkebu.wangsuanphakkatlacquerpavilion
ラッカー・パビリオン
Crop 200 the golden pavilion
頭上を通るエアポートリンク

BTSスカイトレインとエアポートリンク駅のすぐ近くにありながら、あまり知られていない隠れ家スポットが、このスアン・パッカード宮殿。ラーマ5世の孫にあたるチュムポット殿下夫妻が建てた宮殿で、敷地内にはタイ伝統様式を取り入れたメインの木造家屋が4棟立ち並び、これらは渡り廊下で連絡しています。また、宮殿の西側には小さな家屋が4棟立ち並び、それぞれに貴重な芸術品の数々が展示されています。

スアン・パッカード宮殿は、元々夫妻が住居兼迎賓用として建てたもので、1952年に博物館としてオープンしました。芸術に対する造詣が深くタイの若手芸術家を積極的に支援していた夫妻は、奨学金援助のためにこれまで収集してきたアンティーク調度品や古美術品を一般開放することとしたのです。展示品は世界遺産バーンチアン遺跡から出土した陶器からタイ伝統楽器、当時実際に使われていた食器類までがバラエティに富んでおり、タイ王族の暮らしぶりを垣間見ることができます。敷地の南側にはアユタヤから移築されたという高床式家屋「ラッカー・パビリオン」もあり、宮殿内では最も美しい建物とされています。建物内部の壁一面の漆塗りは必見で、タイのラーマヤナ「ラーマキエン」にまつわる物語と仏陀の生涯が金彩の漆で見事に描かれています。また、隣りの建物には王室専用の御座船が納められており、船に施された見事な装飾を見ることができます。

建物を取り囲むように木々が生い茂り、まるでビル群に埋もれたオアシスのようなスアン・パッカード宮殿。観光客の姿は少なく建物の内部はひっそりと静かで落ち着けます。庭園に面して建てられた建物の2階テラスにはイスやソファが用意されており休憩に最適なので、本を持参してのんびりと過ごすのはどうでしょうか。


Address

352 Sri Ayudhaya Road, Ratchathewi, Bangkok, 10400, Thailand

http://www.tripadvisor.com/...d_Palace_Museum-Bangkok.html

旅行情報 最終更新: 2015/05/26 18:06:26

料金 100バーツ
営業時間 9:00 - 16:00
休日 無休
電話 (02) 245 4934
アクセス BTSパヤタイ駅4番出口・エアポートリンクパヤタイ駅から徒歩4分、シーアユタヤー通りを右折して300m右手
外部リンク 公式サイト:www.suanpakkad.com/main_eng.php
スアン・パッカード宮殿博物館 から 4.1 km 地点の気候
東京の気候(比較用)