バンコクMRT(地下鉄)

あなたの評価:

バンコク のホテル
最安値を検索
(クリックすると 別画面で開きます)
  • Crop 50 filename 120312 10 jpg
    渋滞を避けて地下をスイスイ「バンコクMRT」

渋滞を避けて地下をスイスイ「バンコクMRT」

Crop 200 filename 120312 10 jpg
自動改札機
Crop 200 bangkok mrt
車内飲食は厳禁!
589210
近代的なエントランス

タイ唯一の地下鉄が、バンコク都心部を縦断するバンコク・メトロ。英語の「Mass Rapid Transit」の頭文字をとって「MRT」の名で親しまれるバンコクの重要な交通機関の一つです。MRTは北側終点のバンスー駅から南側終点のフアランポーン駅を結ぶブルーラインのみで全長約20.8kmを18駅で結びます。始発駅から終点駅までの所要時間は約30分、朝6時から深夜24時まで約5分間隔で運行しており、料金は16~40バーツと格安です。ブルーラインは現在延伸工事中で2016年にはバンスー駅からタープラ駅までの約13km、フアランポーン駅からラックソーン駅までの約13.4kmが開通する予定です。また、同年にパープルラインも開通する予定で今後バンコク・メトロはますます都民の足として定着していくと考えられています。

MRTブルーラインは、チャトゥチャック駅・スクムヴィット駅・シーロム駅の3カ所でBTSスカイトレインへ乗り換えが可能で、今のところそれぞれが異なった支払いシステムを利用していますが、将来的にはMRT・BTS・エアポートレールリンクなどの改札を一枚のカードで利用できるようになる計画もあるようです。チケットはタッチパネル式券売機またはカウンターでの購入が可能で、片道チケットはトークンと呼ばれる黒いコイン状のものを使います。改札に入る際は改札口にかざすだけでOK、出る際にはスロットに投入します。必要な分だけをその都度補充できるプリペイド式のカードもあり、こちらはカウンターで購入できます。タイ人は片道切符でも券売機ではなくカウンターを利用する人が多く、ラッシュ時の朝8時前後や夕方18時前後はカウンター前に長蛇の列ができます。そのため、滞在中に何度も利用する予定があればプリペイド式カードを購入しておくと待ち時間がなく便利です。短期間の滞在にはお得な乗り放題バスもあるため是非利用しましょう。

食べ歩きの好きなタイ人が構内や車内を汚すことを考慮したのか、MRT内は原則飲食が禁止されており、そのためか構内やホームにはゴミ箱がありません。また、日本であれば改札付近にトイレがあるのが一般的ですが、タイではMRTやBTSといった公共交通機関にトイレは設置されておらず、MRTはラップラオ駅などの主要駅のみ設置されています。さらに、入口付近や地下へのエスカレーターを降りたあたりにはセキュリティチェックが設けられており、利用者は全て金属探知機の付いたセキュリティを通過する必要があります。ブザーがなると荷物を開けて見せないといけないため、パソコン等を入れている場合はすぐに開けられるように準備しておくようにしましょう。


Address

MRT Sukhumvit Station, Khlong Toei Nuea, Watthana, Bangkok 10110, Thailand

http://www.tripadvisor.com/...nsit_MRT_Subway-Bangkok.html

旅行情報 最終更新: 2014/06/20 14:59:23

料金 片道大人16~40バーツ・子供8~20バーツ
補足(料金) 乗り放題パス(1日120バーツ・3日間230バーツ・30日間1,400バーツ)
営業時間 6:00 - 24:00
休日 無休
電話 (02) 624 5200(平日7:00 - 20:00)
E-mail crc@bangkokmetro.co.th
外部リンク 公式サイト:www.bangkokmetro.co.th/Index.aspx?Lang=En
バンコクMRT(地下鉄) から 0.8 km 地点の気候
東京の気候(比較用)