ジム・トンプソンの家

あなたの評価:

バンコク のホテル
最安値を検索
(クリックすると 別画面で開きます)
  • 9093649158 d7bdab6940 s
    シルク王が8年間暮らした「ジム・トンプソンの家」

シルク王が8年間暮らした「ジム・トンプソンの家」

9093649158 d7bdab6940 q
総チーク材の美しい家屋
8442951638 09bbe701a6 q
併設カフェでタイ伝統舞踊を披露
8913258054 3be05ea32f q
絹糸作りから機織りまでを実演

タイといえば美しいタイシルク。タイを訪れるなら一度は購入するといわれる人気アイテムです。そして、数あるタイシルクブランドの中でも群を抜いて有名なのが「ジム・トンプソン」。アメリカ人実業家でブランド創始者の名前がそのままブランド名となったシルク製品は国内だけでなく海外に支店をもつほど有名で、タイのシルク産業をここまで大きくしたジム・トンプソン氏は「タイのシルク王」とも呼ばれています。

ジム・トンプソン氏が8年間暮らしていたとされる「ジム・トンプソンの家」は、現在博物館として一般公開されており、名所の多いバンコクでも人気の観光スポットになっています。伝統的なタイ建築様式を取り入れた総チーク材の建物は美しく、1959年の完成から何十年経った今も訪れる人を魅了しています。外観の美しさはもちろん、古美術品の収集家でもあった彼の家には東南アジア各地から集めたとされる仏像や彫刻、古い絵画や陶磁器など、美術的価値の高いコレクションの数々が残っています。敷地内にはメインの建物を含む6棟の建物が残っており、熱帯の植物や色鮮やかな花々の咲く庭園に隠れるようにジム・トンプソンの家があります。20分程度のガイドツアーには日本語もあるため、訪問の際には是非利用しましょう。

表向きにはシルク事業で成功をおさめたジム・トンプソンですが、アメリカCIAの秘密諜報員であったことでも知られており、1967年にマレーシアのキャメロンハイランドへ出掛けたまま謎の失踪を遂げ、約50年が経過した今も彼の消息は掴めていません。彼の生涯と謎の失踪事件をモチーフにした小説もあるため、興味のある人はジム・トンプソンの家を訪れる前に一度読んでみるとよいでしょう。失踪後も彼の家にはほとんど手が加えられることなく、バンコクの中心にありながらここだけは時が止まったかのようにひっそりとしています。カフェも併設しているため、ここでお茶を飲みながら彼の歩んだ人生を思い描いてみるのはどうでしょうか。

ジム・トンプソンの家は、BTSスカイトレイン・ナショナルスタジアム駅から路地を5分ほど入った場所にあり、駅とを結ぶ無料の送迎カートもあるため利用が便利です。駅直結のMBKショッピングセンターには東急デパートも入っており、デパート4階の和食レストラン「田ごと」は休憩や昼食にお勧めです。手頃なランチメニューが充実し、ビーフシチューは本格的で美味しいとバンコクに住む日本人にも評判です。


Address

6 Soi Kasemsan 2, Rama 1 Road, Pathum Wan, Bangkok, 10330, Thailand

http://www.tripadvisor.com/..._Thompson_House-Bangkok.html

旅行情報 最終更新: 2014/05/07 15:04:51

料金 100バーツ(学生50バーツ)
補足(料金) ツアー料込み(参加要)
営業時間 9:00 - 17:00
補足(営業時間) ツアー最終は17:00
休日 無休
電話 (02) 216 7368
外部リンク 公式サイト:www.jimthompsonhouse.com
ジム・トンプソンの家 から 4.5 km 地点の気候
東京の気候(比較用)