ワット・スワン・ダララーム

あなたの評価:

アユタヤ県 のホテル
最安値を検索
(クリックすると 別画面で開きます)
  • Crop 50 wat suwan dararam ayutthaya viharn chedi
    見事なフレスコ壁画が残る現役王室寺院

見事なフレスコ壁画が残る現役王室寺院

Crop 200 wat suwan dararam ayutthaya viharn chedi
こじんまりとした外観
49568905
本堂内
Crop 200 watsuvandarammural
礼拝堂内の壁画

現チャクリー王朝初代王の父によって建てられ、初代王が王室寺院としたのが、このワット・スワン・ダララーム。後に修復されて現在はチャクリー王室寺院として利用されている現役の寺院です。本堂と礼拝堂、仏塔が1基というこじんまりとした寺院ですが、ここの見所は何といっても本堂と礼拝堂内部に描かれた壁画で、ラーマ4世(モンクット王)の時代独特の彩り美しいフレスコ画を見ることができます。

本堂外観は白を基調としており、内部は赤や黄金、黒を基調とした荘厳な雰囲気です。壁一面に約150年前に描かれたとされる仏陀の生涯、天井には凝った装飾が見られます。また、礼拝堂内部にはアユタヤ王朝を窮地から救った英雄ナレースワン大王の生涯が描かれており、本堂と礼拝堂どちらの壁画も保存状態が良く、その色鮮やかさと華やかさに思わず息をのむほどです。歴史公園内の見所はほとんどが有料ですがここは拝観料無料、寺院巡りには興味がなくとも近くを訪れる際には是非足を運びましょう。

ワット・スワン・ダララームの南側対岸に見える煌びやかな寺院は、中華系タイ人に信仰されるワット・パナンチューン。比較的新しい外観ですがアユタヤ王朝以前の14世紀初期に建てられたという歴史ある寺院です。陸路ではかなり迂回することとなるため、リバービュー・プレイス向かって右手から出ている渡し船を利用すると便利です。船着場を左手にさらに西へ進むとパーサック川とチャオプラヤー川の合流地点を望むペット砦(ポム・ペット)があり、ここからの川の眺めも必見です。


Address

Tambon Ho Rattanachai, Amphoe Phra Nakhon Si Ayutthaya, Chang Wat Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000, Thailand

旅行情報 最終更新: 2015/05/15 03:59:40

料金 無料
営業時間 8:00 - 17:00
休日 無休
アクセス 1. トゥクトゥク:チャオプロム市場から5分
2. 徒歩・自転車:チャオプロム市場からウートン通りを東へ約1km、ウートン通りソイ4を入って突き当たり
その他 お堂の扉が閉まっている場合は僧侶に開けてもらおう
ワット・スワン・ダララーム から 40.1 km 地点の気候
東京の気候(比較用)