ワット・プラシーサンペットと王宮跡

あなたの評価:

アユタヤ県 のホテル
最安値を検索
(クリックすると 別画面で開きます)
  • 50775980
    三人の王が眠るアユタヤ王室守護寺院

三人の王が眠るアユタヤ王室守護寺院

50775980
3基並んだチェディ
25772963
首の無い仏像
6837885
礼拝堂跡

ワット・プラシーサンペットは、バンコク王宮敷地内にあるワット・プラケオのようにかつて王室守護寺院の役割を果たしていた重要な寺院。3基一列に並んで立つチェディ(仏塔)には15世紀頃の三人の王の遺骨が納められており、毎日多くのタイ人観光客が一目見ようとここを訪れます。

寺院は1491年に建てられ、高さ16m重さ171kgもの黄金でできた仏像が納められていた時期もありました。しかし、1967年のアユタヤ王朝陥落時にはビルマ軍侵攻によって仏像もろとも破壊されてしまい、現在残っているのはスリランカ様式のチェディ3基だけです。歴代王達の眠るチェディが静かに立ち並ぶ姿は美しくアユタヤの象徴として敬われています。チェディの周辺には頭部の無い仏像が何体も見られ、当時の壮絶な戦いを物語りつつ、現在の平穏な時の流れを見守っているかのようです。

また、ワット・プラシーサンペットの北側には王宮跡があります。王宮は1351年に初代ウートーン王によってワット・プラシーサンペットの場所に建てられましたが、後に9代トライローカナート王が現在の王宮跡へ移転させています。その後、歴代王によって大規模な王宮へと増築が繰り返されますが、ワット・プラシーサンペット同様にビルマ軍によって壊滅的に破壊されてしまい、現在残っているのは宮殿や城壁の一部だけです。当時の面影はほとんどなく廃墟と化してしまった王宮ですが、ワット・プラシーサンペットを訪れる際には是非足を運び、歴代のアユタヤ王達が過ごした場所に佇んで栄華を極めたかつてのアユタヤを思い描きたいものです。日没後はライトアップされて昼間とはひと味違った幻想的な雰囲気が楽しめますが、市街地からはやや離れており夜間は人の往来がぱったりと途絶えるため、単独・女性同士で出掛ける際には十分気を付けるようにしましょう。


Address

Pratuchai, Phra Nakhon Si Ayutthaya, Thailand

http://www.tripadvisor.com/...haya_Ayutthaya_Province.html

旅行情報 最終更新: 2015/05/15 04:10:40

料金 50バーツ
営業時間 7:00 - 17:00
補足(営業時間) ライトアップ19:00 - 21:00
休日 無休
アクセス 1. トゥクトゥク:チャオプロム市場から10分
2. 徒歩・自転車:チャオプロム市場からナレースワン通りを西へ2km、ウィハーン・プラモンコン・ボピット向かって右手
ウィキペディア(日本) http://ja.wikipedia.org/wiki/ワット・プラシーサンペット
ワット・プラシーサンペットと王宮跡 から 41.8 km 地点の気候
東京の気候(比較用)