ワット・マハータート

あなたの評価:

アユタヤ県 のホテル
最安値を検索
(クリックすると 別画面で開きます)
  • Crop 50 yun 3732
    樹木の根に仏頭が埋まる「ワット・マハタート」

樹木の根に仏頭が埋まる「ワット・マハタート」

Crop 200 yun 3732
木の根に埋もれた仏頭
13443884683 4332f4fe33 q
首の無い仏像群
4204138608 b71ca7bfdb q
苔生したレンガ積みの仏塔

世界遺産にも登録されたアユタヤ歴史公園の中でも一度は訪れたい場所が、ここ「ワット・マハタート」。14世紀後期に当時の王によって建てられたとされる古い仏教寺院で、一本の巨大な菩提樹の根の間に仏頭が埋まっていることでよく知られています。

ワット・マハタートは色々と謎の多い寺院としても有名で、寺院を建てた人物についても異なる王が建てたという二つの説が存在し、それらは未だに解明されていません。また、18世紀にビルマ軍の侵略によって壊滅的な打撃を受けることとなった寺院にはその壮絶な戦いを物語るように崩れ落ちた礼拝堂や頭部のない仏像が並んでいます。かつては境内中央に高さ50メートルもの仏塔が建てられ、その上部は黄金に輝いていたとされていますが、侵略によって仏塔は破壊され、仏像は頭部や肩から上を切り落とされて寺院は廃墟と化しました。現在残っているのは崩れ落ちた赤いレンガ造りの壁と礼拝堂の基壇のみで、修復ができたほんの一握りの仏像を除き頭部のない仏像群が独特の雰囲気を漂わせています。仏像の頭部には金箔が貼られていたことからビルマ軍はそれらを持ち去るために切り落としたと考えられており、木の根に埋め込まれた仏頭はその時に置き忘れたものではないかという説もあります。

木の根に仏頭が埋まった珍しい寺院として各メディアに取り上げられることも多く、毎日大勢の観光客が一目見ようと訪れます。ツアーバスで乗り付ける団体客の姿も多いためゆっくり見て回るなら朝一番で出掛けるか、夕方寺院が閉まる少し前がお勧めです。寺院は夕方18時に閉まりますが、毎日19時から21時まではライトアップされて昼間とは全く違う美しさを見せます。仏頭の埋まった木のそばでの記念写真は人気がありますが、木に埋まっていようと仏像は仏像です。一緒に写真を撮る場合は自分の頭が仏頭よりも上にならないよう注意しましょう。

ワット・マハタートの近くにはラーマ公園西側のワット・プラシーサンペットやアユタヤ王朝初期に建てられたワット・プララームなどがあり、どちらも歩いて10分程の距離にあります。特に、ワット・プラシーサンペットは歴代のアユタヤ王が眠る3つの仏塔があるアユタヤ最大規模の寺院で、アユタヤ歴史公園の中で最も重要とされる寺院の一つです。バンコクからのアクセス手段は多く、北バスターミナルから出ているエアコン付のバスで行くのが最も手軽で料金も手頃です。


Address

Tha Wa Su Kri, Phra Nakhon Si Ayutthaya District, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000, Thailand

http://www.tripadvisor.com/...haya_Ayutthaya_Province.html

旅行情報 最終更新: 2015/05/15 05:18:48

料金 50バーツ
営業時間 8:00 - 18:00
補足(営業時間) ライトアップ19:00 - 21:00
休日 無休
ウィキペディア(日本) http://ja.wikipedia.org/wiki/ワット・マハータート_(アユタヤ)
ワット・マハータート から 40.8 km 地点の気候
東京の気候(比較用)